揖斐本巣ボーイズ

公式ホームページへようこそ

揖斐本巣ボーイズは、
本巣市北部の神海グラウンドを中心に活動し、ボーイズリーグに加盟している中学硬式野球チームです。
元プロ野球選手の岡本吉守監督と経験豊富なコーチ陣による指導の下、大きな夢や憧れをもって中学での野球に取り組めるように、選手の自主性を重んじ、自分で考えて自分で行動できる選手の育成に重点を置いています。
また、理学療法士のトレーナーを配置し、成長著しい中学生のフィジカル面をサポートしています。

トピックス

【ブログコーナー開設しました】コメントよろしくお願い致します。

    ブログコーナーはこちら

 

*詳細についてはタイトルをクリックして下さい。

令和2年1月5日(日)

新年あけましておめでとうございます

 

1月5日から令和2年の練習がスタートしました。グランドにおいて当ボーイズの繁栄と選手たちの心身の健康を願ってお祓いしていただいた後は、毎年恒例の谷汲山華厳寺の参拝とグランドまでのマラソンを行いました。レギュラー選手にとっては最後の一年、ジュニア選手にとっては、ボーイズ2年目のシーズンが始まります。選手全員が今後の試合で活躍してくれることを願っています。今年度も当ボーイズをどうぞよろしくお願いいたします。

 


12月7日(土)

「絆の会野球教室in愛知」

 

127()プロ野球昭和42年会による「絆の会少年野球教室in愛知」がナゴヤ球場で開催されました。岡本監督がそのメンバーであることから当ボーイズからも3年生7人が参加させていただきました。

元プロ野球選手ならではの指導に選手たちは目を輝かせていました。

開催にあたりご尽力していただいた関係者の皆様ありがとうございました。

11月17日

卒団式

1117() 本巣市すこやかセンターにおいて、第19期生14名の卒団式が行われました。松村県議や国枝代表、関谷総監督をはじめとする指導者から温かい祝辞を頂き、笑顔で巣立っていきました。高校に進学しても、頑張ってくれると信じています。

10月13、14日、11月3、4日

体験入団会

 10月13、14日及び11月3、4日に体験入団会が開催されました。

  大変多くの選手、ご父兄の方に参加して頂き、誠にありがとうございました。キャッチボールにボール回し、内野ノックや外野ノック、午後からはフリーバッティングやピッチング練習、体感とストレッチと様々なメニューを行うことが出来ました。硬式ボールの感触はいかがでしたか?

  当ボーイズでは、今後も随時、体験入団を受け付けています。また、一度体験していただいた方でも歓迎いたします。いつでもお声をかけてください。

 

体験会の写真はこちらにアップしております。

 

 

10月19日(土)、20日(日)

みかた温泉交流大会

今年も『みかた温泉組合交流大会』に参加させていただきました。

 ≪1日目≫

 お昼頃から雨の予報で、試合ができるのか若干不安を抱きつつ試合会場である高浜中央野球場に向かうと、球場の周辺は晴れていました!選手たちは移動の疲れも見せず、準備を整え試合に臨みました。第1試合の結果は、若狭高浜・美方連合チームから初回に幸先よく先制点を奪ったものの、その後は抑えられ、5回コールド負けでした。続く岡山・津山ボーイズさんとの試合は、3回まで行ったところで降雨のため残念ながら中止となりました。

 



 さて、今年の宿泊は、『民宿別館 三四郎』さんでした。楽しくお話好きな店主さんや親切なスタッフの皆さんによる料理とおもてなし。最高の宿でした。監督やコーチ、選手をはじめ保護者も大満足でした。お世話になりありがとうございました。

 

 

 

 

 

2日目≫

  第1試合は、昨年もこの大会で対戦した伊勢志摩ボーイズさんとの試合でした。打線が抑えられる半面、本塁打を打たれるなど、完敗でした。

  第2試合は、滋賀草津ボーイズさんとの試合でした。6回を終わり1点差で負けていましたが、最終回に若原の本塁打などで逆転し、結果9-5で勝つことができました。

 

 選手たちは、この2日間を通して多くの課題を見つけることができたと思います。まだまだ完成度の低いチームではありますが、一歩一歩、少しずつでも前進してくれたらと思います。

 大会運営や会場準備をしていただいた美方ボーイズの皆様、大変お世話になりました。来年も参加させていただけたらと思います。ありがとうございました。


9月23日(月祝)

 ミーティング 

 9月23日地域の会議室を借りて、試合後のミーティングをワークショップ形式で行いました。先日の試合を振り返るとともに、①攻撃、②守備、③チーム力、④行動について、

グループ毎に考え、発表した後、岡本監督から投手の配球について講義をいただきました。選手自身が自発的に考え発言することで、今後の野球への取り組み方が変わることを期待しています。

 

8月17日(土)

第19期 全日程終了しました。

ご声援ありがとうございました。<(_ _*)> 

 

 

 本日8月17日をもって、第19期揖斐本巣ボーイズリーガーとしての全日程を終了することとなりました。国枝代表、関谷総監督始め、3年間直接ご指導して頂いた岡本監督、多くのコーチの方々には「野球の楽しさ」を存分に教えて頂き、とても感謝しています。試合の中で結果を出し、恩返しをすることはあまり出来なかったかもしれませんが、この最終戦に14名揃って元気に出場できたことは良かったと思います。これからの揖斐本巣ボーイズは頼りになる後輩たちに任せて、僕たちは次のステージに進みたいと思います。最後に今まで応援して下さったすべての方に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

⚾モチベーションは、野球が好きだということです。<イチロー>

*2004年10月、安打記録達成への原動力を聞かれたときの言葉です。

8月10日(土)

令和元年 OB戦  第16期 vs 第19期 

 

 8月10日、令和元年という新しい時代の幕開けに、熱き思いを胸に抱き、聖地甲子園を目指して戦った高校球児(当ボーイズOB)が、中学時代を過ごした神海グラウンドに帰って来てくれました。 今年は20名の選手が参加してくれたので、第1試合は高3対中3、第2試合は高3同士の紅白戦を行いました。国枝代表の始球式から始まり、兄弟対決を魅せてくれた兄弟や中学高校を通して初めてホームランを打った選手など、それぞれが心から野球を楽しんでいる姿がとても印象的でした。今後はそれぞれ新しい道に進まれると思いますが、ここで過ごした時間を忘れずどんな困難にも果敢に立ち向かっていってください。ひとまず、お疲れさまでした!

Ps.終わった後は電車に乗り全員揃って近くの大型ショッピングセンターへ出かけて行きました・・・(^^)

8月2、3日(金、土)

OKB大垣共立銀行杯  第29回日本少年野球全国選抜岐阜大会

 


 

 長かった梅雨も明け夏本番を迎えた厳しい暑さの中、県内・県外より集まった総勢55チームによって盛大に岐阜大会が開催されました。長引いた梅雨の影響から35℃を超えるような猛暑の中で試合をするのは今年初めてで、熱中症など体調不良も心配されましたが、野球の技術だけでなく体力や精神力といった部分も指導者に鍛えて頂いたおかげで、誰一人ダウンすることなく力を発揮して初日2試合を勝ち進みました。翌日のベスト8を賭けた試合で、県内ライバルの岐阜南ボーイズさんに選手権の借りを返されてしまいましたが、随所に成長した姿を見せてくれたと思います。3年後の暑い夏に再び帰って来てくれることを切に願います。

⚾苦しいシーズンで、経験できなかったことをくぐり抜けると、もっと野球を好きになります。野球の魅力っていうのは、終わりがありません。<イチロー>

*2004年のシーズン前の言葉です。

7月20、21日(土、日)

第21回 福井大会

 

 

 なかなか明けない梅雨空のもと、福井大会の1回戦が福井フェニックススタジアムで行われました。初回から相手チーム福井・大野合同ボーイズさんの強力打線に飲み込まれ、敢え無く初戦敗退となってしまいました。梅雨空と同じような展開となってしまいましたが、来る岐阜大会に向け前を向いて挑戦を続けて行って欲しいと思います。

 福井大会を開催・運営して頂いた関係者の皆様、お世話になりありがとうございました。

 

 

 

 揖斐本巣ボーイズでの最後の宿泊は、国民宿舎「鷲巣荘」さんでお世話になりました。当日誕生日を迎えた選手がおり、みんなで誕生日を祝うとともに選手同士の友情も深め合うことが出来ました。この素晴らしい経験をずっと忘れないでくださいね! 父兄より(^^)


7月13日(土)

第26回 協会長杯争奪大会 準優勝!!

 

 

 レギュラー・ジュニアが均等に分かれて、それぞれ協会長杯・理事長杯に参加しました。

 初めて結成されたチームで、今まで守ったことのないポジションを任された選手もいましたが、学年の枠をも超え、息のあったプレーを見せてくれました。そして協会長杯チームは勝ち進むにつれ更にチームの結束も高まり、見事「準優勝!」という成果を上げることが出来ました。

 準優勝という結果と選手の頑張りに、国枝代表も父兄も喜びを味わいました。



 

 3月末に入団した新一年生も硬式ボールを扱うようになって、はや3か月が経ちました。本日は薮本・山本両トレーナーによるフィジカルチェックが行われました。エコーを使った肩肘の検査や、股関節を始め体の柔らかさなどの詳細なチェックが行われ、選手一人ひとりの今後の育成プランに活かされます。体の硬かった〇〇君、ストレッチをしっかりとやって怪我の予防をしようね。

*フォトページにも検査の模様をアップしていますのでご覧下さい。(タイトルをクリックして下さい♪)

 

*詳細についてはタイトルをクリックして下さい。

6月8日(土)

第50回 全国選手権岐阜県支部予選 1回戦

 

 <アタックMVP賞> 左から新川くん、片岡くん、おめでとう!

 

 第50回全国選手権岐阜県支部予選がいよいよ始まりました。この大会はボーイズリーグに入った選手たちの集大成とも言える大会です。2年と数か月コツコツと努力してきた事を思う存分発揮し、仲間と共にただ勝利だけを目指して戦ってもらいたいと思います。さて当ボーイズの1回戦の相手は強豪の岐阜南ボーイズさんでした。3回の表に押し出しのフォアボールが絡んで逆転すると、続く4回の攻撃では2アウト1・2塁から、巧打者新川が左中間を抜くタイムリー3ベースヒットで2点を追加し、その後岐阜南Bさんの3ランホームランなどで猛反撃されましたが、何とか逃げ切り初戦を勝利で飾ることが出来ました。初戦ということで硬さも見られたゲームでしたが、お互い勝利への執念が所々に見られたナイスゲームでした。岐阜南Bの選手諸君、また次のステージでお会いしましょう!ありがとうございました。

 

⚾やれることはすべてやったし、手を抜いたことは一度もありません。常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して準備ができた自分がいたことを、誇りに思っています。<イチロー>

*2002年9月、200本安打を達成したあとの言葉です。

令和元年5月3日、4日(祝)

第27回 栗東さつき親善大会(レギュラー、ジュニア出場

 

 元号が「令和」に変わり、レギュラー・ジュニア揃って迎えた最初の試合が栗東大会です。天候は文字通りの五月晴れとなり、それぞれ2日間で4試合を行うことが出来ました。試合結果の方は五月晴れとはいきませんでしたが、見つかった課題を練習で修正して、そして試合で活かしてくれたらと思います。一気に上達する方法などなく、これを繰り返すしか道はありません。よね?

 この2日間を含め大会運営に尽力して頂きました栗東ボーイズ関係者の皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。心から感謝申し上げます。

 

⚾小さいことを重ねることが、とんでもないところへ行く、ただひとつの道<イチロー>

*2004年10月、258安打を達成した直後の会見

3月21日(祝)

平成31年度 第21期生 入団式

 3月21日(祝)本巣市すこやかセンターにおいて、第21期生の入団式が行われました。

 今年は16名の新入団員を迎えることができました。松村県議会議員や藤原本巣市長から心温まる祝辞を頂くと共に、代表・指導者からは、中学生として学業の大切さや野球に取り組む姿勢など、激励を頂きました。ユニフォームを初めて着用した新入部員は、少し緊張しながらも、心強い抱負を発表してくれました。今後の活躍が楽しみです。彼らの中学野球生活がここ揖斐本巣ボーイズで実り多いものになることを期待しています。

 


2019年3月16-17日(土日)

大阪遠征

 2019年春を迎えレギュラー選手にとっては、ボーイズリーガーとしてのラストシーズンが始まりました。3月末に行なわれる支部選手権を前に大阪遠征へ行きました。先週までの春のような陽気な天気とは打って変わり、まさしく寒の戻りを思わせる風が冷たく目まぐるしく天気が変わる週末となってしまいました。そんな天候の中でも大阪のチーム関係者皆様の尽力により数試合行えたこと、また大阪の選手の元気さや声のかけ方や出し方、チームの施設や運営方針まで、岐阜とはまた違ったものを色々感じることができ、とても収穫になった2日間でした。お世話になった金岡ボーイズ・泉州ボーイズ・堺中央ボーイズの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

宿泊先は和歌山市にある「双子島荘」さんにお世話になりました。

旅館の皆様ありがとうございました。


 

2日目は名門堺中央ボーイズ(堺ビックボーイズ)さんのグラウンドに行きました。

 

12月1日(土)

第49回日本少年野球春季全国大会岐阜県支部予選

 

準決勝惜敗 最終結果ベスト4

 

 

 

 本格的な冬の到来を迎える前に、今年度より新たな試みとして行われた春季全国大会岐阜県支部予選。

2回戦、準々決勝ともに初回に先制を許すという苦しい立ち上がりでしたが、主戦小掠の粘り強いピッチングと打線の奮起もあり、何とか接戦をものにし迎えた本日2試合目の準決勝、対戦相手は強豪の岐阜東ボーイズさんでした。先発した片岡がランナーを何度も許すも踏ん張り、打線も少ないチャンスを確実にものにし中盤4回を終わって2-2の同点。選手たちも闘志を前面に出し、眼の色が変わり始めた5回表岐阜東ボーイズさんの攻撃も2アウトランナー2塁、勝負所で回ってきた3、4番のクリーンアップに連続タイムリーを浴び勝ち越されると、続く6回7回にも加点され終わって見れば2-9の惨敗となってしまいました。まだまだ上位のチームとは色々な面で力の差があると痛感した試合でした。これから成長の冬を迎えます。この悔しさをバネに厳しい練習に耐え、一回りも二回りも成長した姿を春に見せてくれることを期待します。

 

⚾苦しいことの先に、新しい何かが見つかると信じています。<イチロー>

 

10月28日(日)

2018年度 第1回体験入団開催

 

 澄み渡る秋空の下、第1回体験入団が神海グラウンドにて開催されました。

大変多くの選手、ご父兄の方に参加して頂き、誠にありがとうございました。キャッチボールにボール回し、内野ノックや外野ノック、午後からはフリーバッティングやピッチング練習、最後は体感とストレッチと様々なメニューを行うことが出来ました。硬式ボールの感触はいかがでしたか?

 


 

体験会の写真はこちらにアップしております。

 

 

10月20日(土)、21日(日)

第16回みかた温泉交流大会

 

 毎年恒例のみかた温泉交流大会にレギュラー・ジュニア揃って行ってきました。

試合に向かう道中では、若狭湾から吹く横殴りの雨風に迎えられ、試合ができない不安を覚えましたが、会場の「高浜中央球場」に着く頃には雨も上がり、グラウンドの水はけの良さと若狭高浜ボーイズのお父さんたちのグラウンド作りにより、無事9時50分に試合を始めることが出来たことに感謝致します。本当にありがとうございました。

 さて初日の試合の方は若狭高浜ボーイズの好左腕に3回を完全に抑えられ、終わって見れば9-2の6回コールド負け。すばらしいピッチャーと対戦出来たことに感謝し、次に対戦の機会があった時には一矢報いることが出来るチームに成長したいと心から思いました。

 

 

 今年宿泊したお楽しみの旅館は「民宿かわむら」さんでした。昨年お世話になった「民宿あおきや」さんと近い距離にあり、世久見海水浴場の目の前という絶好の民宿です。料理の方もお刺身を始め、次から次へと出して頂き、覚えが・・・スミマセン(笑) 何はともあれ寝食を共にすることで、更にチームワークを深められたと思います。民宿かわむらの皆様、大変お世話になりました。

PS. 飲みすぎたお父さんのTシャツ忘れがあったようで・・・重ね重ねスミマセン(笑)

 


 

 初日は1勝1敗で終え、2日目は会場を高台にある綺麗な海の見える「青葉球場」に移して、5~8位決定戦を行いました。寝食を共にした成果か、W左腕の小椋・池戸の両ピッチャーが試合を作り、打線も昨日とは打って変わり小刻みに得点を重ね、2勝することが出来ました。2日間を通し課題も多く、まだまだ完成度の低いチームではありますが、やれば出来ることを信じて11月の春季全国大会予選へ向かって、日々精進して行きたいと思います。